『ピンクパンサー』とは?

open_image2
1964年のブレイク・エドワード監督の映画「ピンクの豹」のオープニングや劇中に少し登場するだけのキャラクターとして誕生。

同時公開された7分間の短編アニメーション『The Pink Phink』で、キャラクターとしては初のアカデミー最優秀短編アニメーション賞を受賞。

その後、ピンクパンサーは映画の枠を飛び越えて、ユーモア、流行、楽しさの象徴としてあらゆる世代の人々に愛され続けています。
1999年には、ピンクパンサーの足跡がハリウッドのグラマンズ・チャイニーズ・シアターとカンヌで刻まれ、一流スターの仲間入りをしました。
また、テーマ曲を作曲したヘンリー・マンシーには、ピンクパンサーのテーマ曲でグラミー賞を受賞し、オスカーにもノミネートされました。